読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今後生きていく上で

 

私の人間性がなぜ今のように形成されたかというと、

親による育てられ方が大きく影響しているように思う。

 

私が悩むのは

周囲の視線が気になってしまい、

やりたいことがやりにくいということだ。

 

これは子供の頃に

親の支配のもとで育てられてしまったっことが

あるのではないかと思っている。

 

親は勉強を真面目にやれば良い、

決まりは必ず遵守みたいなことを子供に叩き込み、

私は他のことをあまり挑戦できなかったと思う。

 

だから知らないことが多い。

 

父親は一家の大黒柱的な保守的考えを持っており、

家事は母親という考えを持った昔の典型的な価値観を

頑なに崩さない。

 

そういった思考を持っているため、

父親の言うことは絶対だと本人は思っているのかもしれない。

 

そうすると何が起きるか。

 

父親による家族の支配が始まるのである。

 

家事は母親がやれば良いという考えが子供にも

押し付けられ、母親は家から好きに出られない。

 

子供は勉強をやれば良いという考えから、

ゲームは毒とらえ、やっている姿を目撃次第、取り上げられたり

怒られる、ゲーム脳だと悪口を言われるといったことがあった。

 

おかげで今、周囲が誰もがやったことがあるであろう

ゲームの話にはついていくことができない。

 

 

かつて私は負けず嫌いで子供の頃は悔しい思いをした時に

涙が出てしまうことがあった。

 

父は男が涙を流すのは親が死んだときだけといい、

私が泣いた時は怒り、暴力で圧殺するといった育てられ方をしてきた。

 

その影響か、私は感情の起伏が年々無くなってきていることを感じた。

 

悔しさもそうだが、嬉しさも人と比べて強く感じないような気がする。

 

そして感情の表現が上手くできない大人になったように思う。

 

さっきのゲームの話と合わせ、

勝ち気というものが薄れてしまったというか、

ほとんど持てなくなっている。

 

 

一番気になったのは父の嫌味だ。

 

何かをするたびに監視されてるのかという勢いで

深入りし、父の理想、思いとずれた部分に関して

嫌味、悪口を言われ続けてきた。

 

 

格上のチームと戦う時は

初めから勝てないと決めつける。

 

目標を高く設定すると

無理だと決めつける。

 

せめて家族だけでも応援してほしいものだった。

 

そういったところも

子供にとって悪影響を及ぼしたと思うし、

限界を自分で作ってしまう人間に育ってしまったかもしれない。

 

散々可能性を潰されてきたわけだ。

 

 

ようは個性を伸ばす教育が一切なされていなかった。

 

むしろ個性を潰され続け、

やりたいコトがすぐにできない人間になってしまったと思う。

 

 

いちいち親の反応をうかがってしまう。

 

しまいには外へ出ても

周囲の反応をうかがってしまうようになった。

 

 

父は言葉による説得が上手くはないので

子供の時に

感情、暴力で支配されてきた。

 

 

だから自分の考えで動くことに

恐怖を感じるし、やる前に悩んでしまう

傾向があるように思う。

 

 

こんなことをここに書いたのは

なんとなく最近、ふとした時に

モヤモヤしてくる事柄であったためで、

どこかに書くことで少しでもすっきりすればいいなと思ったからである。

 

 

とはいえここまで育ててくれた親には

感謝してるし、

就職して迷惑をかけないようにならなければならない。

むしろ恩返しをしなくてはならないと思っている。

 

 

ここまで来てしまったのだ。

今更ブーブー言っても変わることではないので、

これからは自分でこの状況、

どう変えていくかを考えるのが最善であろう。

 

 

周囲を気にしない生き方をするためには

どうすれば良いのか、

引き続き考えていきたい。

 

 

休日を有意義に使いたいところなのだが、

やはり何をするにもめんどくさくなってしまう。

 

なぜかといったら、

家から最寄駅、都内が遠すぎる。

資金にあまり余裕がない。

特にやらなくてはならない用事がない。

 

この3つだ。

 

昼に起きて都内に出ようと思うと、

ついた頃には夕方だ。

そして都内に出たところで

特にやることはない。

なのに数時間かけてしんどい思いして

わざわざ行く必要はあるのだろうか。

 

資金については、私が単にケチなだけ。

 

用事が特にないのが深刻な問題。

来年から働くことになる手前、

これだけ暇を持て余していることは幸せなことかもしれないのだけれど、

何かやりたいのにそれが見えてこないことに

非常にモヤモヤしている。

 

 

遠くへ旅行に行ったり、

フェスに行ったりなんてことをしたかったのだけれど、

そこまでの資金的な余裕はなかったし、

しかし今年が最後かもしれないと考えると

どうしても悔やまれる。

 

 

一つやらなくてはならないことを

たった今見つけた。

 

それは卒論だ。

 

しかしテーマも何も決まっていないし、

大学の図書館であれこれしなきゃいけない。

 

大学が遠くて億劫になる。

 

私がなぜダメなのか。

 

これを書いてわかってきた。

 

言い訳をいちいちしようとする癖だ。

 

こんな奴はいつまでたっても三流だ。

 

やると決めたらすぐやる人間にならたい。

時間と金の圧倒的乖離

 

おひさ。

 

夏休み。

 

オリンピックもサッカーは始まり、

ナイジェリアに敗れた。

 

点がたくさん入ったので見ごたえはありました。

 

 

学生最後の夏休みではあるが、

暑くて外出するのが嫌になる。

 

就活を終えたら色々やりたいことがあったのだけれど、

ほぼ何もできていない。

 

圧倒的に暇な時間が多い。

 

考えられる理由は、

1お金がない

2もともとアクティブな人間ではない

3これといった趣味がない

 

ここらが妥当だろう。

 

とりあえず資金を得るために

バイトを始めたのだけれど、

思うようにシフトに入れない。

 

まあ最初はこんなもんなのか?

 

今働いたところで給料が入るのは9月終りだ。

 

夏休みは終わってしまう。

 

いくらバイトを今月頑張ったところで、

大した金にはならない。

 

そんなことに夏休みを割くべきではないと思いながら、

かといって金がなければ何もできないし出かけられない。

 

親に金を借りてでも学生のうちにできることはするべき

なんて意見もあるかもしれないが、

今まで散々借りたし迷惑をかけている手前、

そうもいかない。

 

そして私よりも親の方が趣味がある。

ぜひ楽しんでもらいたいところだ。

 

 

少しポジティブに考えると、

こうやって怠惰な時間を好きなだけ

過ごすことができるのも今だけである。

 

有り余る時間と圧倒的に足りない資金。

 

就活の精神面だけでなく、経済面におけるダメージの大きさたるや。

 

 

私は毎日目的もなく過ごす羽目になってしまったわけだけれども、

これは私自身に問題があるとしか言いようがない。

 

日々何も考えず過ごしてしまっていることが一番の問題であると考える。

 

少し考えればやることはたくさんあると思うのだ。

 

今の思いつきで幾つか挙げてみようと思う。忘れないように。

 

資格勉強

プログラミング

バイ

旅行、イベント

ドライブ

彼女と出かける、プレゼント

 

こんなところか。

基本的に何をするにもお金がかかる。

そうすると優先すべきはバイト。

 

しかし大したお金にはならないし、

時間の方が貴重だと考えれば

バイトより効率的な稼ぎ方はあるだろう。

 

断捨離してものを売るか。

実際なくても困らないものがほとんどだ。

あとは勇気のみ。

 

資格勉強が教材が揃っている今最もお金がかからないのだけれど、

働くようになったら嫌でもやる羽目になる。

これを今の貴重な時期にやるのはナンセンスだと思いながら

他のことがなかなかできないので少しやっている。

 

まあ損もないだろう。

 

今やっておくべきこと。

なんだろう。

優先順位をつけていくか。

 

それよりも卒業から逆算していく方が思いつくだろうか。

 

金があるに越したことはないんだよな。

 

逆算しても一番必要なのは資金だろう。

 

時間がもったいなく感じるが、

地道にバイトするしかないな。

 

こんなことを書いてる時間ももったいない。

 

これ書いて収入になればいいけど。

 

株をやるにも金が必要。

 

マジでCDから全部売ってみようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼんやりとした不安

 

 

まさにその状態。

 

早くスッキリしたいという気持ちと、

新しいことを初めて刺激的な日々を過ごしたい気持ち。

 

目の前の大きな壁が立ちはだかっている。

 

それを乗り越えた先に眩しい光が見えている。

 

ただ道のりは非常に険しい。

 

やれることをやり切るしかない。

 

 

 

失速

 

またまたお久しぶりです。

 

一時的な意識高い生活から

失速し、今はダラダラする時間が多いような気がします。

 

おそらく就活が原因なんだろうけど。

 

誠にお恥ずかしい話ではあるが

私は神経質な人間だ。

 

次の日に面接の予定があったりすると

他のことが考えられなくなってしまう。

 

面接で言いたいことは言えるだろうかと不安になり、

準備を周到にやってしまう。

 

結果、本番では中途半端に暗記してしまい、

応用が利かず、暗記してきたことを不自然に話してしまうという失敗が多いと思う。

 

面接本番となるとおのずと頭は回転して

何かしら言えるんだからもう少し安心するべきなんだろうなあ。

 

一番嫌なのは志望動機と自己PRを聞かれること。

ESに書いたのだから聞かないでくれ。笑

 

まあ、頑張ります。

何とかなるでしょう。

 

お久しぶりです。ここ数日、、

 

ちょいちょい就職活動をしているのだけれど、

どうも楽しくない。

 

理由は、一つに限られていると思う。

 

それは、お金にならないからだ。

 

お金はもらえないし、

説明会に参加しないと選考に参加できないよという理由をつけて

長時間座らされ、同じ業界であればだいたい同じような話を聞かされる。

もう飽きたし、こんな生産性のないことをやっていて本当にいいのかと

不安になる時間が最近は多い。

 

生産性のないことというのは、

例えば手書きの履歴書がこれにあたる。

 

なんという原始的なことをさせる企業なんだ、と思いながら

気が向けば書いている。

 

現代はネットという非常に便利なツールがあり、

履歴書はネットで書いてしまえば

1度に複数の企業に提出できる。

就活生からしたら大幅な時間とコストの削減になるし、

企業側は字が下手くそな人の履歴書であっても

難なく読めると思う。

 

これぞWin-Winというものだ。

 

いつまでもアナログな手法を

就活生に課してくる企業は明らかに時代に遅れてるんじゃないか

と考えてしまうし、そんな企業に未来はないと判断してしまう。

 

判断材料があまり多くないため仕方のないことである。

 

就活してもお金はもらえないし、

ただ交通費だけ吸い上げられていく毎日。

 

お金になくてできないことってたくさんある。

例えば、息抜き。

たまには美味しいものを食べたいし、

たまには飲みに行きたい。

 

面接なんかで働けるかどうか判断できる

超能力者人事がいるのかわからんけど、

とりあえず働かせればいいんじゃないかな?

 

はっきり言って、就活してる時間って

あまり有意義じゃないし、

就活中に身につくことって、

実際に働いた方が圧倒的に早く身につくと思う。

 

こんな滑稽な新卒一括採用で一斉にダークスーツを着て、

街を彷徨う一人になっていること、

非常に情けなく思っている。

 

そしてこの仕組みが当たり前だと思っっている

大半の学生は今まで何も考えず

レールに従って生きてきたのだろう。

 

常識って、勝手な思い込みであることが多いと思いますよ。

 

就活してなければ今頃プログラミングか何かの勉強したり、

株やってみたり、いろんなことできるのに。

 

全てが滞り、しまいには内定すら得られず、

この1年間はなんだったんだとなってしまうかもしれない。

 

こんなこと言っておきながら、

時間対効果の低い就活を

私もやっています。。。

 

 

 

 

 

 

反省。

 

久しぶりにネガティブになりかけている。

 

今日、インターンシップに参加した。

 

以前に2度程参加したことがあるのだが、

今日は今までで最も思うようにいかなかったインターンであった。

 

理由は幾つかある。

 

外的要因としては、

自分とあまり合わない性格の人間がいたこと。

その人の要領が良かったこと。

全体的にレベルが高かったこと。

全員高学歴であったことは事実であった。

 

しかし、自分の取り組み方次第で

どうにかなったように思う。

 

内的要因としては、

議論中に自信を持って発言ができなかったこと。

なぜそうなってしまったかというと、

私がもともとそういう性格であることは否めないのだけれど、

それだけではない。

 

十分な根拠を持って発言ができていなかったこと、

周囲の状況が理解できておらず、

自分の発言が今言うべきことなのかと

不安になってしまったことが思い当たる。

 

十分な根拠を交えて発言すれば

説得力は増すだろうし、

自信を持って話せるかもしれない。

 

周囲の状況にあった発言ができているかについては

私が勝手に不安を感じてしまっているのかもしれない。

これは自分では判断が難しく、確信に至れないので悩みどころである。

 

解決策としては、

聴く力を強化すること。

 

私は聴く力が欠けていると

改めて感じた次第だ。

 

全ての話、情報を仕入れようとするあまり、

途中で頭がパンクしてしまう。

 

不要だと感じた情報は

切り捨てられる技術を身につけられると良いと思う。

 

 

また、今日は全員の前でプレゼンをする機会があった。

 

皆は堂々とかつ、分かりやすく話しているのに対し、

私はホワイトボードに書いてあることをほとんど棒読み。

 

何も補足できることなく自分の出番を終えてしまった。

 

どうすれば補足をアドリブに近い形で展開できるか考えた。

 

まず、はじめに結論、言いたいことを決めてしまうことだろう。

 

そこから補足的な感じで結論につなげられるような話が展開ができると良いと思う。

 

とはいえ、簡単なことではない。

 

予期せぬ展開の中で

即座に結論を決めるということは

それなりの頭の回転の速さが必要だと思う。

 

私は頭の回転の速さがひどく欠如している。

 

果たして鍛えられるのであろうか。

 

エッセンシャル思考か、0秒思考の本に書いてあった、

質問の途中で結論を決めてしまうトレーニングを積めば良いのだろうか。

 

それならば普段の会話の中でもできるかもしれない。

 

このままだと改善されるわけがないので

日常の中に取り入れていくべきだろう。

 

 

今日感じた課題は

自信が足りないこと。

根拠がかけていること。

結論の補足が足りないこと。

周囲の状況を把握すること。

 

主にこの4つだ。

 

まだまだあると思うが、

ここから直していく努力をしていきたい。

 

 

今日のインターンシップ

自分の実力不足を大いに感じたとともに、

多くの課題という収穫を得たので

参加して良かったのかもしれない。

 

今まで資格を取ったり、

経済動向を毎日気にしたり、

読書をしたりしていて

周りとは違うんだぜみたいな木本を持っていたが

全くそんなことはなく、

周囲のレベルの高さに圧倒された。

 

自分を過信することをやめ、

常に向上心を持って生きていきたい。

 

まずは質問の途中で

結論を準備してしまう練習から

意識的に始めてみようか。

 

久しぶりにネガティブになったが

ポジティブでもある。

 

いやむしろポジティブだ。

 

悩んでも仕方がない。

 

どんどんできることはやっていこう。