読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッセンシャル思考を身につけたい。

 

自分がいかに要領の悪い人間なのかと悩み、

それを改善すべく、

エッセンシャル思考という本を読んだ。

 

厳密にはまだ途中の段階である。

 

なんかこう、

真面目に本を読むのがものすごく久しぶりで、

インプットはするのだけれど、

アウトプットは全くと言っていいほどできず、

そのうちに記憶から消されていく。

 

せっかく時間をかけて読んだ本であるのに、

それが何も身についていない、

記憶にないという状態はとても悲しいことだ。

 

 

だから私は気が向いたら

読んで学んだことを少しでも

ブログなどにアウトプットし、

私生活において実践していきたい。

 

 

エッセンシャル思考という本は、

一言で言うと、

いかに無駄をなくして大事なことに注力できるか

を述べている本である。

 

私は現在、大学生で、

生活の大半が無駄な時間のような

気がしなくもないのだけれど、

このままで良いのかという不安を持ち始めたので

読むことにした。

 

 

生活の中で、仕事とプライベートをうまく両立させることは

最低限必要だと思うのだけれど、

仕事において、頼まれたことを全て引き受けてしまう、

誘われたからといって会合に全て参加してしまう、

と言った行為は非エッセンシャル思考である。

 

私は頼まれたり誘われたりした時に

断りきれない性分だ。

 

これが悪循環に陥り、

重要ではない仕事を次々と引き受け、

十分な休み、睡眠を取ることができず、

プライベートにも影響を及ぼす。

 

自分の生きたいように生きることができない、

社会の、会社の、他人の思うがままに生きてしまう、

それは非常に息苦しいことであり、

自我のかけらもない、

奴隷、もしくはロボットである。

 

 

エッセンシャル思考とは

そういった悪循環を改善すべく、

課題が今の自分にとって本当に重要なことであるのか分析し、

重要でなければ断る、捨てる、という考え方であり、

そして断る勇気を身につけよう、という本である。

 

この本にも書いてある通り、

また今までの自身の経験からも

無駄な要素を全て省き、

1つのことに全力で取り組むことが

最大限のパフォーマンスを発揮できる。

 

多くの仕事を抱え、

何からやればいいかわからないような状態であれば、

全てが中途半端になり、結果は残らない。

 

考えてみると当然なのであるが、

頼まれたり誘われてしまうと、

相手の気分を害したくない、

相手から認められたいという欲求を持ち、

次から次へと引き受けて

地獄のような日々と

全てが中途半端になり、

苦労に伴わない結果を導く。

 

 

エッセンシャル思考になるために

考えるべきことは、

 

頼まれたり誘われた時、また多くの仕事を抱えてしまった時に、

今の自分にとって本当に大切なことか?

最優先で取り組むべきことか?

と考えること。

 

本当に重要なことは

世の中にほとんどない。

1割程度だ。

 

そして人間は全てを完璧にこなせる生き物ではない。

 

だから9割の頼み事や誘い、仕事は

重要ではない割り切り、断り、捨ててしまうのが正しいと筆者は述べる。

 

少しでも迷いが生じてしまった場合も

それは重要ではないと考える。

 

それだけ世の中には課題が溢れており、

取捨選択をしなければ

一人で全てを抱えてしまうのだろう。

 

 

承認欲求から断りきれない人は多いと思う。

 

しかし長い目で見れば、

溢れるような仕事を中途半端にやって

結局できなかったというより、

初めに断わって、今ある課題に集中し、

完璧にこなすことの方が評価は高いのではないだろうか。

 

承認欲求を捨てて仕舞えばいい。

自分のことを他者が承認してくれるかどうかは

相手の領域であり、

自分が受け入れられるためにどう努力したって

承認か否かを決める権限は相手にある。

 

承認欲求をしぶとく持っていると、

かえって自分が不自由になり、

息苦しい日常が続くであろう。

 

自分が今持っているものから

何ができるか、

最大限に力を発揮する上で、

無駄なものにはノーと言う勇気を持とう。

 

 

そして仕事に限らず、重要な要素には

睡眠時間も含まれている。

 

日常には多くの情報が流れており、

1日で脳は疲れ情報は整理しきれない。

 

その多くの情報を、

睡眠によって脳は整理するのだという。

 

 

実際、十分な睡眠を取れた日は、

とてもリフレッシュされて

物事に対する集中力、

頭の回転などが大きく変わる。

 

睡眠不足では

思考は停止しかけ、

常に寝たいという感情が先行し、

物事に集中できない。

 

 

日本には働く時間が長いほど

認められると言ったような

古臭い風習が未だに残っている。

 

しかしそれは、

睡眠不足で本来の力が発揮できておらず、

情報の取捨選択もおろそかで、

効率の悪い働き方をしているのではないだろうか。

 

これが続けば、睡眠時間は減る一方で、

パフォーマンスはどんどん低下していく。

体を壊して仕事ができない時期が来るかもしれない。

 

完全なる悪循環だ。

 

 

万全の体調で、

仕事に望むことで

優先順位を考え、

不要なものは断り、

効率的に仕事をこなし、

高いパフォーマンスを発揮できる。

 

そのためには睡眠時間は不可欠だ。

 

 

最後に、現時点で私が学んだことを

まとめると、

頼まれたものが今の自分にとって本当に重要か?

そうでなかったら断ること。

 

90点ルールを設けて、少しでも

迷いが生じたら切り捨てること。

 

もったいないという思考が

さらに業務や情報を溢れさせる

 

睡眠時間は大切。

 

 

 

以上、まだ最後まで読めていないことと、

すでに忘れてきている部分があり、

メモ的な要素が強くなってしまい、

まとまらなかった。

 

 

話をまとめる力を

今後つけていきたいと思う。

 

そして、時間があれば

また修正したいと思う。